FC2ブログ

路地町カメラ 【Rojimachi Camera】

目に残ったことや、記録のようなもの。時系列は気にしない

東西「ひ」と「し」の混乱


「ひ」と「し」の発音がひっくり返るので有名なのは東京。

例) おひたし → おしたし
   羊    → しつじ
   潮干狩り → しおしがり
   東品川  → しがししながわ


基本的に「ひ」→「し」で発音してしまうパターン。
なんで江戸っ子系の人は 「ひ」 を発音できないんだ? と疑問に思ってたのだけど


よーくよく思い出してみると、関西では、「し」→「ひ」で発音しているケースがあった。
東京とは正反対のパターン。

hi-chi.jpg
FUJIFILM X10

例) 質屋  → ひちや
   敷く  → ひく
   七   → ひち

個人的にこの3つ、パソコンを使い始めるまで「ひちや」「ひく」「ひち」が正しいのだと思ってました!!
正しく入力しないと漢字変換できないので、気付いた・・・

不思議なことに「敷き布団」はちゃんと「しきぶとん」と発音するし
「し」の発音が「ひ」に転ぶケースは特定のケースに限られていると思うけど・・・・・まだ他にあるかもしれない。

自分は両親が関西人なので、子供のころから家の中では関西弁、家の外ではその土地の言葉、関東弁や伊豆弁を使ってきたですよ。
それでもこの「し」→「ひ」は自覚していなかった。  おそるべし、親の影響。


なぜ東西で「ひ」と「し」が、それぞれ逆に転ぶのか、言語学的な解説があるなら読んでみたい。 興味津々。


おお、今日はアカデミックだ
にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



次のページ