FC2ブログ

路地町カメラ 【Rojimachi Camera】

目に残ったことや、記録のようなもの。時系列は気にしない

阪神大震災から17年


今日は1月17日、阪神大震災から17年。

そのころ撮った写真は ここ       もちろんこれはほんの一部に過ぎない。

思い出すと、もう二度と同じ目に逢いたくないことばかり。
17年前の今日、自分は何をしていたのか?
倒壊した近所の家の人を掘り出していたり、ブッ壊れた家の中の片付けや、食い物の確保や・・・


2012-0117.jpg
武庫川の中州にあった 「生」 の文字、正月に阪急今津線の中から撮影


2ヶ月後にオウム地下鉄サリン事件があって、TVはサリン報道一色になっていた。
こちとら震災の後遺症でヒィヒィ言ってるのに、ずいぶんだな!   というのが、当時の正直な感想だった。

距離というものは、そういうものだろう。

物理的な距離、時間的な距離



被災した街に住み続けながら、震災の跡は徐々に消えて行った。
混乱とあきらめが同居した気分も、日常を取り戻すにつれて上書きされていった。  
それは 「復興」 の歩みと同時進行だった。


被災者には、被災地を忘れないでという想いがあり
でも前に進むということは、自ら被災した状況を薄めて行くことであり
被災の細かいディテールは、記憶の奥の方にしまい込んで行った。
東日本大震災で被災した人たちの気持ちも、たぶん同じように進んで行くだろう。


書いてると色々思い出して、まとまりが無くなってきた。
あの悪夢の落としどころなんて、無いのかもしれない。
それでも人は前に進むしかない。

スポンサーサイト



次のページ