路地町カメラ 【Rojimachi Camera】

目に残ったことや、記録のようなもの。時系列は気にしない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

粕取焼酎を注文した


かつて関西に住んでたころ、バイクに乗って出雲までツーリングに行った。
ずーっと一般道を走って9~10時間ぐらいで着いたんだっけかな?

んで
地元スーパーの酒コーナーに行くと、見慣れない酒がずらり。 ここまではよくある話。

出雲の特徴(?)は、 粕取焼酎 というのが何種類もあって、それは日本酒を造った後に残る酒粕を蒸留して作るものなのだ。

戦後に出回ったという悪質なカストリ焼酎ではなく、酒粕から作る粕取焼酎。


7-35-s1.jpg
こんなラベルのとか。

飲んだことがなかったので、興味津々。
ちなみにこの本は1998年の 「日本の銘酒辞典」、出雲に行ったのも1998の前後かな。


7-35-s2.jpg
買って帰ったのは五合瓶のこれ、八千矛。


飲んでみたら、なんというか、未知の臭さというか、ワケのわからん臭さというか
とにかくクセが強すぎて難儀したもんです。

あの臭さは、蒸留する時に酒粕に稲の籾殻を混ぜるから着く、と後から知った。。。

ふと思い出して、まだ売ってるのだろうか・・・・? と


7-35.jpg

売ってた!ので、ポチった!

あの臭さ、今でも臭いと思うか、それとも美味いと思うか?
わからないけど、また飲んでみたくなった。

さて、どんな味やろーね?



にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。