FC2ブログ

路地町カメラ 【Rojimachi Camera】

目に残ったことや、記録のようなもの。時系列は気にしない

阪神大震災 20年


あの日から、20年。


1995-201.jpg
震度7


1995-202.jpg
これは新幹線の高架と線路


1995-203.jpg



1995-204.jpg
家屋の屋根が道路と同じ高さまで下がってる

何がどうなって、こうなった? 住んでる人は? という、理解できない状況が周囲を埋め尽くした。

自分が住んでた家も全壊したし、そんなの周りじゃ当たり前の状況だった。
キツくてつらい日々が続いたんだけど、なんかもう細かいことは覚えていない。

時間がいろんなことを、遠くに押しやってしまった。 ってことにしておいて。


ただ、当時も 「神戸でまとめるなよ!」 と思ってた。 
自分が住んでた自治体への国や赤十字の援助はスルーされまくりで (死者3ケタに達してたのに)、食べ物とかずーっとみんな自力で調達してた。
避難所のテレビで、御影公会堂に避難してる人が 「毎日弁当やおにぎりじゃなくて、野菜とかも食べたいんです!」 って訴えてるのを見て、こいつは何をほざいてるんじゃ? と思ったりした。
こっちは、かっぱえびせん1袋がその日の食料、とかだったなぁ。

んで、今日の20周年の番組を見ながら、「まーた神戸でまとめてるよ」 と思った。


-------------------------------------------------------------

阪神大震災を境に、震度の基準が変更されたり、大規模災害関連の法律が見直されたり
いろんな点でターニングポイントになった。


1995-20a1.jpg
20年前の援助物資でもらったカセットガスコンロ。

たしか震災から1週間以上後に、市役所でもらったっけ。 これで煮炊きしました、ありがとう!


1995-20a2.jpg
当時、カセットガスの規格が統一されてなくて、ガスを入手しても使えないことがあったんだ。

それじゃいかん、ということで震災後に規格が統一されて現在に至る。


1995-20a3.jpg
このカセットコンロ、今でも使える。
ガスの火を見ると、当時をいろいろ思い出してくるけど、やっぱ20年って遠くなったな、としみじみ思う。

----------------------------------------------------------------

でね、2011年に東日本大震災や原発ポポポポーンを東京で経験して、思うんですよ。

恐ろしいのは津波だ、のような誤解が広まっているんじゃないかと。
津波は到達まで時間があるから何かの対策が打てるけど、阪神大震災のような直下型だと何も出来ないんだぞ、と。

今自分が住んでる付近が火災になったら、どうやって逃げるか、そのルートは?とか
玄関のドアが曲がって開かなくなったら、どこから外に出られるか?とか

ホントまじでそういうの考えといた方がイイですよ、なんて思うのです。


スポンサーサイト